So-net無料ブログ作成
検索選択
★コンサートのお知らせ

★伝承音楽の宝庫・東北地方への敬意と、復興への祈りを込めて~東北被災地応援コンサート「多摩・東京アクション」の取り組み。 ■東北応援CDを作りました。   ■東北応援CD~売上金全額を「仙台つどいの家」に復興義援金として寄付 

コラム&民謡考 ブログトップ

武蔵野のパワースポット?~何かある場所・武蔵国分寺七重の塔跡から見る富士山頂への日没 [コラム&民謡考]

武蔵国分寺の歴史ネタ、といいますか、知られざるパワースポット?の話。

昨年(2010年)11月19日、文化審議会が文部科学相に、富士山を国の史跡に指定する答申を行いました。
日本の古代から近代に至る山岳信仰のあり方を考える上で重要として、8合目以上の山頂部と社寺などを指定するのだそうです。

武蔵国分寺の七重の塔と僧寺寺院地区画溝の南西の角を結ぶ線を延長すると富士山頂に到達し、その方角は冬至の日没の方角とピッタリ一致します。
奈良時代に国分寺建立の詔を受けて武蔵国分寺の伽藍配置が設計された当初から、富士山頂と冬至の日没の方角が強く意識されていたのは間違いないだろうと考えています。

しかし、武蔵国分寺から見えていた当時の富士山の姿は、現在のような穏やかで秀麗な姿ばかりではなかったようです。
奈良時代から平安時代の終わり頃まで、富士山はさかんに噴火を繰り返し、絶えず噴煙を上げていたのだとか。
富士山の噴火が正式な記録文書に残された最初は781年、奈良時代の終わりごろですが、それ以前、万葉集にも富士山の噴火をうかがわせる歌があるそうで、奈良時代の始めごろにも噴火をしたようです。
武蔵国分寺の設計・建設が行われていたころにも、富士山は噴煙を上げていたか、あるいは噴煙はおさまっていたとしても、噴火の記憶が新しい、そんな時代だったようです。

12月22日の冬至の日、太陽は富士山頂の真下に向かって、富士山の左の肩口から沈みます。
富士山頂に沈むのは12月の頭と1月の中ごろ。
運がよければダイヤモンド富士が見られますが、今年はどうでしょう。

去年の1月14日には、七重の塔跡から、富士山頂に沈む夕日の撮影に成功しました。
http://musashi-kokubunji.blog.so-net.ne.jp/2010-10-21-2

武蔵国分寺の全盛期、冬至前後の太陽が噴煙を上げる富士山の真裏に沈んで行く光景を、人々はどんな思いで眺めていたのでしょう。
当時の人々の富士山への信仰は、現在の穏やかな富士山への畏敬とは違う、もっと深い畏れだっただろうことは想像に難くありません。

武蔵国分寺と富士山頂を結ぶラインをさらに西へ延ばしていくと、伊勢の二見ヶ浦に到達します。
二見ヶ浦からも富士山は見えるそうで、夏至の頃、夫婦岩の間に小さく見える富士山の真裏から、大きな大きな朝日が、富士山をすっぽり覆うように昇ってきます。
そんな瞬間をとらえた現地のポスターを写真に撮ったものを拝見したことがあり、目が釘付けになりました。

真っ赤な朝日の真ん中に、奈良・平安時代の噴煙を上げる富士山が見えたら・・・。
人々が抱くのは、畏敬というよりむしろ畏怖の念ではないでしょうか。
それは、富士山そのものに対する畏怖であるばかりでなく、そうした光景が見える伊勢二見ケ浦という土地そのものが信仰の場となっていったのだと思います。

このたび、国の史跡指定の答申がなされた場所は、富士山の八合目以上の山頂部と社寺だということですが、富士山は、富士山そのものだけでなく、それを眺める場所が信仰の場所となってきたということを、あらためて考えさせられます。

ハケ上、あるいは高いビルやマンションの上から富士山の見える場所はたくさんあります。
しかし、ハケ下で何ものにも遮られず富士山が見える場所が残っていること自体、奇跡のように思います。
古代寺院武蔵国分寺の中心的建物であった七重の塔の場所から、今でも富士山が見えるというのは、やっぱりこの場所、「何かある」という気がします。

世の中、パワースポット流行で、昨年1年で伊勢神宮の参詣者は史上最高の860万人だったとか。
きょうもテレビで、いかにもご利益がありそうな各地のパワースポットが紹介されています。
武蔵国分寺の七重の塔跡の中心、芯柱を受けていた心礎の上に立って、富士山山頂の沈む夕日を眺めながら、古代の噴煙を上げていた富士山の姿を想像してみるのもよいですね。

ダイヤモンド富士が見られるとしたら、ここ3~4日の間です。
私は今月は忙しすぎて、撮影はちょっと絶望的なのですが・・・。

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

アメイジング・グレイスのオリジナル歌詞 [コラム&民謡考]

英語の歌詞の訳ではなく、オリジナルの歌詞を作ったのは随分前ですが、これまで歌う機会はなく、今回、エスニック・キッチンと合同でOH!ジ-ンズが歌付きでアメイジング・グレイスを演奏することになったので、先日の稽古の時に歌詞を持っていったのですが・・・。

まあ、英語のほうがよいということになれば、この歌詞はまたお蔵入りさせて、どこか別の機会を待つことになるのでしょう。

アメイジング・グレイス~ともに響きあう歌を
作詞:畑中久美子

天に繋がる一筋の 光を仰ぐ我に
惜しむことなく降り注ぐ 愛が闇夜を溶かす

晴れた心で暖かき 森を歩みし我ら
耳に聞こえる友の声 我を励ます歌

遠きあまたの星々に いつか帰り行く我ら
命ある限り忘るまじ ともに響きあう歌を

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

貝殻節(鳥取県民謡) [コラム&民謡考]

ちょうど、貝殻節をはじめたところなので、歌詞や歌の歴史など、ちょいとひも解いてみましょう。

鳥取県民謡ですが、作詞松本穣葉子と書いてあるものもあり、でも新民謡というわけじゃないようです。

ちょっと調べてみると、こういうことらしい。
-------------
 貝殻節はかつて鳥取県の賀露、気高、泊、橋津などでイタヤ貝を採りながら歌われた労働歌だった。1933年に旧気高町の上田平十郎が、浜村温泉のPRのためレコードの制作を企画した。同町で歌われていた歌を三上留吉が採譜し編曲。伝承歌詞に松本穣葉子が歌詞を補い、レコードとして発売された。
-------------

帆立貝を獲ることは、たいそう骨のおれる仕事だそうで、ジョレンという馬鍬(まぐわ=水田の代掻きに使う道具)に似た道具を海の底に沈め、舟の櫓を漕いで底引きして貝を採るのだそうです。
重労働で因果な商売というわけ。それで「なんの因果で貝殻漕ぎなろうた」と。

歌詞がいいんです、この歌は。
-------------
何の因果(いんが)で 貝殻(かいがら)漕(こ)ぎなろうた
カワイヤノー カワイヤノ
色は黒うなる 身はやせる
ヤサホーエヤ ホーエヤエー
ヨイヤサノ サッサ
ヤンサノエー ヨイヤサノ サッサ

戻る舟路(ふなじ)にゃ 櫓櫂(ろかい)が勇む
いとし妻子(つまこ)が 待つほどに

忘れられよか 情(なさけ)もあつい
あの娘(こ)ァ 浜村 お湯育ち

浜村沖から 貝殻が招く
嬶(かか)よ 飯(まま)炊け 出にゃならぬ

帆立貝なら 帆立てて行こよ
わたしゃあなたの 身を立てる

押せよ押せ押せ 港が見える
押せば港が 近くなる
----------------

なんというか、ブルースというか、ソウルだよねえ、この曲。

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

テネシーワルツ Tennessee Waltz [コラム&民謡考]

新曲候補「テネシーワルツ」、だんだんアレンジしてみようかな、という気になってきました。
歌を入れるのだったら、やっぱり英語の歌詞かな。
で、英語で歌うのだったら、きっちりと日本語訳を作ってから英語で歌うというのが、昔ジャズを歌っていたころからの私のモットーでした。

ジャズを歌っていたころに立ち上げた、スタンダードの日本語訳のサイトがあります。
開けてびっくり・ジャズ詩玉手箱:
http://www014.upp.so-net.ne.jp/komati-nikki/index.html

サイトを作ったのはもう14~15年も前でしょうか。ちょうどインターネットをはじめたばかりで、ホームページを作る練習がてら作ったサイトです。
40曲ばかり、スタンダード中のスタンダードばかり集めて日本語訳を載せました。
当時の私が歌えるジャズの曲は100曲ちょっとはあったので、日本語訳を載せたのはレパートリーの半分以下ですが、テネシーワルツは載せていたかなあと探してみたら、載せていなかった・・・。

というわけで、あらためてテネシーワルツの日本語訳を考えてみましょうかね。

原詩は、1946年、ピー・ウィー・キングが作曲した曲に、レッド・スチュワートが詞をつけたもの。
-----------
I was dancin' with my darlin'
To the Tennessee Waltz
When an old friend I happened to see
I introduced her to my loved one
And while they were dancin'
My friend stole my sweetheart from me

I remember the night
And the Tennessee Waltz
Now I know just how much I have lost

Yes I lost my little darlin'
The night they were playing
The beautiful Tennessee Waltz

-----------

(訳:畑中久美子)

あの人と踊っていたの
曲はテネシーワルツだったわ
ちょうどその時、古い友達に会って
彼を紹介したの
そして二人が踊っている間に
彼の心は奪われてしまった

忘れはしない、あの夜のこと、そしてテネシーワルツのこと
どれほどたくさんのものを失ったことか

そう、いとおしいあの人も
美しいテネシーワルツが流れていたあの夜も
もう二度と戻って来ることはない
-----------
いかがでしょうか。
対訳ではなく、意訳ですが。
ニホンゴになっているかな?

ちょどテネシーワルツを踊っている時に友達がきたので、彼を紹介して、パートナー交代。
だから、主人公は壁際にいて、踊る二人を見ながら、テネシーワルツを聞いていたんでしょうね。
主人公が見ていた光景、聞こえていた音楽を思い浮かべると、いっそう切ないですねえ~~。

Yes I lost my little darlin'
The night they were playing
The beautiful Tennessee Waltz

ここは、「私は彼を失ってしまった、テネシーワルツの美しい調べが流れていたあの夜に」という意味に訳されているのをよく見ますが、lost はmy little darlin'とThe night の両方にかかっているような気がします。
つまり、「恋人とあの夜はもう帰ってこない」という意味なのではないかと。

もしもあの夜、あそこで友達に会わなかったら・・・、
もしもあの時、友達に踊りの相手を譲らなかったら・・・・・、

そんな後悔、するでしょうねえ。
だけど、もうあの夜に戻ることも、やりなおすことも出来ない。

でも、それだからもう忘れましょう、なんていうキッパリ感はないですね。
怨みは涙で流されて、それでもぬぐいきれない後悔と、いとおしさと、せつなさと。
そんなないまぜな気持ちを、そのままそっと胸に抱えているしかない・・・。

さて、私はどんな風に歌うかなあ。
って、かなりその気になってきた。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

こきりこ(富山県 五箇山・上梨/田楽に由来する古代民謡) [コラム&民謡考]

■歌詞のこと
こきりこ歌詞
(はやし)窓のサンサもデデレコデン
      はれのサンサもデデレコデン

● 筑子の竹は七寸五分じゃ 長いは袖のカナカイじゃ

● 踊りたか踊れ泣く子をいくせ ササラは窓の許にある

● 向の山に啼く鵯は 啼いては下がり啼いては上がり
 朝草刈の目をばさます 朝草刈の目をさます

● 想いと恋と笹舟に乗せりゃ 想いは沈む恋は浮く

● 月見て歌ふ放下のコキリコ 竹の夜声の澄みわたる

まずは風変わりなお囃子ではじまる「こきりこ」。今ではポピュラ-ソングの感がありますが、何ともなつかしいような、シンプルでゆったりとしたメロディ。それでいて、どこか中近東の音楽のような異国風の感じがして心惹かれます。
デデレコデンは太鼓の音を表したものらしいですが、「窓のサンサ」「はれのサンサ」って何でしょうね。

こきりこは「筑子」または「小切子」と書くそうです。「筑」は「竹」のこと。七寸五分(約23センチ)に切った2本のすす竹を、手首を回転させ指先で回しながら軽やかな音に打ち鳴らします。放下師(芸をして歩く田楽法師・大道芸人の元祖)が用いた楽器がずっと伝わって来たそうですから、日本の古代民謡として最も古くから伝わった曲のようです。

歌詞はたくさんあり、もともと放下師が即興的に歌うスタイルだったことがうかがえます。
私が大好きな歌詞をいくつかあげてみました。意味がわかるようなわからないような歌詞の意味をちょっとおさらい。

●最初に歌われる歌詞の意味は、「筑子の竹は七寸五分と決まってる。それより長いと袖にひっかかるから。」

なあるほど。

●二番目は、「踊りたいなら踊っておいで。泣く子はこっちによこしなさいな。ササラなら窓のそば。さあ、ササラ持って踊っておいで。」なんてニュアンスでしょうか。新米ママに先輩ママが手を差し伸べる様子が目に浮かぶような、それとも若いご亭主が妻を気遣った台詞でしょうか。心優しい場面ですね。子どもを預けて踊ればこそ、子育ての元気も湧いてくるというもの。ママにも時にはガス抜きが必要ってことを、人は唄から学ぶのかも。古い唄にはちゃんと知恵と教訓が詰まっているんですなあ。

でも、私はこんな風に今風の解釈をして唄っておりますが、びんささらを鳴らしながら踊る「放下僧のささら踊り」の踊り手は男子限定でしょうか。だったら、泣く子を抱いて子守をしているのは、大勢の弟・妹の面倒を一手に引き受けている一家のお兄ちゃん、かもしれません。田楽踊りのある日にも、子守があるから行かれない。まだ少年の域を脱しない男の子に、兄弟の面倒をみるという重い責任がズシリとのしかかっていた時代なら、歌詞の意味など考えなくても誰でもわかったことが、今のこの時代にはすっかりわからなくなっています。少年の背中にのしかかる重しをヒョイと持ち上げるように、背中にくくりつけた赤ん坊を取り上げ、「さ、踊りに行って来い、ささらなら窓にそばにあるぞ」というのは、お父さんか、おじいさんか、それとも隣りのおばさんか。そう考えると、小躍りして飛んで出る少年の後姿が目に浮かぶような。でもどっちにしても心優しい場面です。

●三番目、「向こうの山で鳴くヒヨドリは、鳴いては下がったり、鳴いては上がったり。朝草を刈る人たちの目を覚ましてくれる。」って、そのまんまですね。なんでヒヨドリが草刈り人の目を覚ますのか?

ヒヨドリって空中でホバリングするパワフルな鳥ですよね。ものすごく食欲旺盛なたくましい鳥。朝からエネルギッシュな鳥の鳴き声と飛ぶ姿から活力をもらう昔の人の感性って凄いなあ、と思います。

●「こきりこ」にはちょっと色っぽい歌詞もあって、四番目はまあ、読んだとおりですが、うまいこと言うものです。

●私が一番好きなのは、一番最後にあげた歌詞。
放下(ほうか)というのは田楽法師と同義に使われ、大道芸人の元祖という風に言われますが、もともとは放浪の僧「放下僧」のことです。放下(ほうか)は本来は「ほうげ」という仏語で、一切の執着を捨て去ること。つまり一切の執着を放下(ほうげ)し、ひたすら念仏を唱えるという祈りの形態をさすようです。

南北朝時代、多くの僧侶が放下僧となり、地方の村から村へと行脚して、都の面白い話しなどを織り交ぜながら念仏によって仏の教えを伝えたといわれますが、念仏踊りそのものはもっと古い時代、平安朝の空也上人、鎌倉時代の一遍上人によって始められたと伝えられています。

一方、奈良時代・平安時代の呪術性の高い雑技「散楽」「猿楽(鎌倉時代ごろから、狂言・能に発展)」から独立分離した「外術(げじゅつ)」とよばれる舞踏や奇術が放下僧に伝わったことで放下僧が芸能化して行ったようです。

また、「田舞」「田遊び」など豊作祈願の神事芸能から発展して、楽と踊りから成る「田楽」が平安時代に猿楽以上に人気を博し、高足(おそろしく高い竹馬にのって繰り広げる曲芸/こんにゃくを串に刺した味噌田楽の語源)などのアトラクションを交えた大掛かりな歌舞音曲の興行に京の都が熱狂したといわれていますが、この田楽を専門に行う「田楽法師」集団の中から、高足などの曲芸を行う芸人が分離し、それが放下僧の芸能化に影響を与えたといわれています。

放下僧が村から村へと、踊りや曲芸をしながら諸国を放浪することで全国にいろんな芸能が伝わると、本来は僧ではない者が放浪者となって諸国をまわるようになり、それが「放下」または「放下師」と呼ばれるようになったということです。

つまり「放下」というのは、仏教的な念仏や地面を踏むことによって悪霊を退散させる「へんばい」という舞踊的な所作と、豊作を祈願した神事芸能としての歌舞と、散楽系の曲芸的要素などが合体し、放浪の僧の身なりをして諸国を渡り歩く芸能集団(あるいは、芸を身につけた放浪の僧)によって伝播された芸能といえるようです。

さて、「放下」についての解説はこのくらいにして、歌詞に戻りましょう。

月見て歌う放下のこきりこ・・・。放下が見上げる月にはどんな像が映っていたのでしょうね。そんな放下の姿が目に浮かぶようです。でもこの唄、目に浮かぶのは歌っている放下だけでなく、夜空に染み渡るような澄んだ声の響きをそっと聞きながらたたずむ人のシルエットが目に浮かんできませんか。澄み渡っているのは放下の歌声だけでなく、そっと聞いている人の耳が澄んでいるという感じが伝わって来るようです。冴え渡る月の情景とあいまって、リンとした格調の高い唄と感じます。

歌声を聞いているのは、女性でしょうか、男性でしょうか。女性なら、ちょっと色っぽい唄なのかも。

山奥の集落に住む人々には、「まれびと」への強い憧れがあったと言いますが、とてつもなく古い唄が今日まで伝わってきたバックには、隔絶された山村ならばこそ、きっとそういう思いがあったのではないでしょうか。

■五箇山の「こきりこ」の由来
越中五箇山・上梨の山里を中心に伝承された古代民謡。
「大化改新(645年)にあたり、豊作祈願に山伏がコケラ経を読んだのが訛って小切子となった」と地元には伝えられているようです。
大化改新というとすさまじく古いですね。

「田舞」(舞の字はニンベンつき)がはじめて文献に見えるのは、「日本書紀」天智天皇10年(671年)の条に宮廷行事として奏せられたという記録があるのが最初だそうですが、もとは民間の神事としておこなわれたものが宮廷に取り上げられたもののようです。記録に見えるより先に実体があったわけですから、日本書紀にみえる最初の記録よりもっと古い時代に「こきりこ」の古形態が存在していたとしても不思議はないような気がします。

その後、平安時代になって田楽法師が登場し、田植えや稲刈りの時期に諸国の村々を巡るようになると、五穀豊穣を祈って奏せられる田楽踊りやアトラクションとしての曲芸などは、百姓たちにとって最大の娯楽だったことでしょう。田楽法師によってもたらされたハイレベルな田楽踊りが地元に伝わっていた神事芸能に強い影響を及ぼし、その土地土地の田踊りを変容させ、それが定着して行ったのではないかと思います。

「こきりこ」も放浪芸として入ってきたものが土地の田踊りとして定着し、越中五箇山の古社、上梨白山宮の祭礼に歌い踊られてきたそうですが、南北朝時代、吉野朝武士が放下僧となって五箇山へはいり、後醍醐天皇の霊祀り(タママツリ)を白山宮前で行ったという縁起も伝えられているようです。

「田楽」という芸能は、室町時代中期の猿楽の盛り上がりに押されて衰退し、放下僧の芸能形態もいつしか消えてしまいましたが、五箇山は外の世界と隔絶された山村であったがゆえに、古い形がそのまま伝えられたものと思われます。その五箇山も、大正末期から昭和初期にかけて電源開発などによって外界との交流が始まったことで、「こきりこ」は次第に忘れさられようとしていました。

その「こきりこ」が世に知られるきっかけとなったのは、昭和5年に詩人の西条八十氏がこきりこ採譜のために五箇山を訪れたことだそうです。このとき、すでに五箇山でこきりこ節をうたう人はなく、消滅が危惧されました。しかし昭和26年、こきりこ最後の伝承者、上梨の 山崎しいさん (昭和38年没)を探し出すことができ、採譜して発表したことで一躍脚光を浴びることになったそうです。

昭和28年、東京・日本青年館に於ける第4回選定無形文化財として、全国郷土芸能大会に出場。

その後、昭和44年、文部省が中学校の音楽教材にし、折からの大フォ-クソングブ-ムにのって全国的に広く知られるようになりました。一度、消えかけたものが掘り起こされ、若者の間に新たな伝承がはじまりました。

私はまさにこの、新たな伝承のスタ-トに立ち会った世代。何ともいえない愛着があるのはそのせいでしょうか。

■楽器の編成
<地方(じかた)>
唄/篠笛/平太鼓/こきりこの竹(七寸五分に切った2本の竹を指先で回しながら打ち鳴らす。)/銅拍子(手平鉦)/鍬鉦(田畑を耕す鍬の先にひもをつけてうち鳴らす。田楽の特徴的な楽器。)/小鼓/棒ささら(摺ささら。田楽などで用いる楽器の一種。竹を細かく切って束ねたもので、これをささらの子にこすりあわせて音を出す。「ささら」は「〈さらさら〉と音がする」ということから呼ばれるようになったらしい。)

<踊り手>
「びんささら」を持って鳴らしながら踊る。108枚の木片と両端のグリップを紐で結びつけた形状をしている。演奏は両手でそれぞれのグリップを握り、アーチ状に保持した後、片手のスナップを効かせる。木片が順次衝突し、次の木片に衝撃を伝え、この時発する衝撃音で「シャ」という擦過音に近い打音が響く。

人間の煩悩の数と同じ108枚で編んであるのは煩悩を払い除けるという意味があり、又、桧の材が使われているのには魔除けの意味があるそうです。

■OH!ジーンズの演奏
尺八/三味線/ジャンベ/びんささら/カウベル(手平鉦とカバサを使うこともあり)

ジャンベ担当が歌います。地元の唄に近いノリでゆったり行くところと、倍テンポでビートを出すところを交互に繰り返すアレンジでやっています。名曲はどんなアレンジにも耐えるといいますが、「こきりこ」はまさに名曲、日本を代表するスタンダ-ドですね。

■参考ホ-ムページ
こきりこ唄保存会のメンバーによるホームページ:
http://www1.tst.ne.jp/calm/
五箇山~小さな世界遺産の村~:
http://www.gokayama.jp/index2.html
ささら踊りムービーが見られる:
http://www.gokayama.jp/monogatari/kokiriko.html
平村(たいらむら)上梨(かみなし)こきりこ・ドット・コム:(こきりこ総踊りのムービーが見られます):http://www.kokiriko.com/
五箇山商工会のホ-ムペ-ジ:
http://www.shokoren-toyama.or.jp/~gokayama/top.htm
こきりこ歌詞と由来:
http://www.shokoren-toyama.or.jp/%7Egokayama/kan/min/kokiri.htm
奇術概史・日本偏:
http://pmoon.hp.infoseek.co.jp/ss/magic/magic02.html





nice!(0) 
共通テーマ:音楽
コラム&民謡考 ブログトップ