So-net無料ブログ作成
検索選択
★コンサートのお知らせ

★伝承音楽の宝庫・東北地方への敬意と、復興への祈りを込めて~東北被災地応援コンサート「多摩・東京アクション」の取り組み。 ■東北応援CDを作りました。   ■東北応援CD~売上金全額を「仙台つどいの家」に復興義援金として寄付 

国史跡指定記念歴史講演会「東山道武蔵路の時代 ―日本の古代道路とその保存・活用―」(11/3国分寺市・国分寺市教育委員会主催) [イベント情報]

地元、武蔵国分寺の歴史講演会情報です。

11/3、国分寺市・国分寺市教育委員会主催で、国史跡指定記念歴史講演会「東山道武蔵路の時代 ―日本の古代道路とその保存・活用―」が開催されます。

市報国分寺9/15号にも案内が出ておりますが、15日付けで市ホームページにも案内が出ましたのでお知らせします。

西恋ヶ窪から泉町・西元町を通る東山道武蔵路跡が8月に国の史跡に指定されたことを記念して、古代道路の意義や、今後の保存・活用について考える講演会が開催されるもの。
すばやい対応に、ふるさと文化財課の意気込みが感じられます。
講演会参加には、往復葉書での申し込みが必要で、10月12日火曜日(必着)締め切り。
市内在住者に限定ではありません。(国に史跡なのですから当然です。東京都教育委員会も後援しています)

基調報告「旧国分寺市立第四小学校跡地の発掘調査成果と保存・活用」の講師は、国分寺市ふるさと文化財課職員だそうです。
続く講演が二つ。講師は、文化庁記念物課 近江俊秀さんと東京大学大学院教授 佐藤信さん。

講演会チラシは、なかなか気合のはいったものが作成されています。
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/700000/s703000/tosandoLecture.pdf

東山道発掘現場の写真がバックにびっしりと刷り込まれ、表面の下のほうには、今、解体中のお寺の資料館の中にあったジオラマ(武蔵国分寺寺域の全体像)の最後の姿が写っています。
東山道武蔵路を中心に、北のハケ上から南を俯瞰したアングルです。お寺の資料館に展示されていた時は、南側と西側からしか見られなかったので、北のハケ上から南を望むアングルは、このチラシの写真で始めて見ました。

ちなみにこのジオラマはあまりにも大きすぎて、となりの旧本多邸(おたかの道湧水園)内に昨年オープンした資料館には入りきれないので、当初はお寺の資料館の解体とともに廃棄されるはずでしたが、若い学芸員さんたちが頑張って、新しい資料館のロビーにおさめきれる部分だけをノコギリで切り取ってきて、今、新しい資料館に立派に展示されています。
若い学芸員が、こういうことをやれるってすばらしいですね。ある意味、市にお金がないことが人を育てているのかも。

展示スペースが狭いため、ジオラマの尼寺の部分は無くなってしまいましたが、七重の塔、僧寺、東山道武蔵路までのエリアが見られます。
お寺の資料館の時と違って、ジオラマのまわりを360度まわることができるので、これまで見られなかったいろんな角度から見ることができ、大変面白いです。
崖線地形と武蔵国分寺、湧水と武蔵国分寺の関係も、わかりやすくなりました。


講演会の詳細はこちら:
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/moyooshi/kyouyou/012366.html

----(市ホームページから転載)----------
「東山道武蔵路の時代 ―日本の古代道路とその保存・活用―」

西恋ヶ窪から泉町・西元町を通る東山道武蔵路跡は、8月に国の史跡に指定されました。これを記念して、古代道路の意義や、今後の保存・活用について考える講演会を開催します。


日時:11月3日 水曜日・祝日  午後1時から4時30分(0時30分開場)
会場:市立いずみホール[市立いずみホール]
内容:
(1)基調報告「旧国分寺市立第四小学校跡地の発掘調査成果と保存・活用」講師=本市ふるさと文化財課職員
(2)講演「古代道路の発掘と保存・活用」講師=近江俊秀さん
(3)講演「東山道武蔵路と古代東国」講師=佐藤信さん
定員320人
費用無料
申込み:10月12日火曜日(必着)までに往復ハガキ往信裏面に住所・氏名・電話番号、返信表面にあて名も明記し、〒185―0023西元町1―13―10武蔵国分寺跡資料館内ふるさと文化財課へ (注釈)1枚につき1人まで(多数の場合は抽選)
主催:国分寺市・国分寺市教育委員会
後援:東京都教育委員会
協力:国分寺市遺跡調査会

講師紹介
近江俊秀(おうみとしひで)さん
文化庁記念物課文化財調査官。考古学専攻。古代の道路遺構に造詣が深く、主な著書は「古代国家と道路」「道路誕生」(青木書店)など。

佐藤信(さとうまこと)さん
東京大学大学院教授。日本古代史専攻。現在、本市史跡武蔵国分寺跡整備計画策定委員会委員。主な著書に「出土史料の古代史」(東京大学出版会)、編著書に「史跡で読む日本の歴史」シリーズ(吉川弘文館)など。

関連情報
東山道武蔵路跡が国の史跡に追加指定されました
歴史講演会チラシ(PDF形式 5.2MB)

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0